アンガールズ田中、死神リューク姿披露 「デスノート」次作出演懇願も… Netflix版映画「デスノート」ジャパンプレミア4

スポンサードリンク

アンガールズ田中、死神リューク姿披露 「デスノート」次作出演懇願も… Netflix版映画「デスノート」ジャパンプレミア4
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志さんが8月24日、東京都内で行われた動画配信サービス「Netflix」オリジナル映画「デスノート」のジャパンプレミアに、同作の重要キャラ・死神リュークのコスプレで登場。同作は大人気マンガ「デスノート」のハリウッド実写版で、田中さんは同席したアダム・ウィンガード監督に「クオリティー見てよ。すごいでしょ」とアピールし、「次回作があったら出してほしい」と懇願したが、ウィンガード監督に「タイツがとてもセクシーだね」と話題をそらされ、がっかりしていた。

 イベントには、主人公のライト・ターナーを演じたナット・ウルフさん、ミア・サットン役のマーガレット・クアリーさん、プロデューサーを務めたマシ・オカさんらも出席。原作の大ファンというアイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」も応援に駆けつけた。

 「デスノート」は、2003~06年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された大場つぐみさん原作、小畑健さん作画の人気マンガ。名前を書かれた者が死ぬ「デスノート」を手に、自分の正義で犯罪者を裁き“理想郷”を作ろうとする夜神月(やがみ・らいと)と、名探偵「L」が頭脳戦を展開する……という内容で、テレビアニメや実写映画、舞台、ドラマにもなった。Netflixオリジナル映画「デスノート」は、25日から世界190カ国に同時配信される。

####
Angaruzu Tanaka publicizes image of the Death Ryuku

Takushi Tanaka of the comedy duo “Angāruzu” appeared at theJapan Premium of the original movie “Death Note” belonging to the video distribution service “Netflix” in cosplays of important characters of the movie- Kira and the Dealth Ryuku.

The movie is the live-action produced by Hollywood from the favorite manga “Death Note”.

Tanaka did PR for the movie to director Adam Wingard: “Let’s watch the original! It is good, isn’t it” and appealed “Please participate in the next work!”

However, director Wingard misled by saying“Your tights are so sexy”, which made Tanaka disappointed. This event was also attended by Nat Wolff – who plays the main character Light Turner, Margaret Qualley – who plays Mia Sutton, Keith Stanfield – who plays L, Masi Oka – who serves as the producer. The idol group “Babyraids Japan” – a big fan of the original storyalso promptly came for applauding.

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)